加盟団体紹介

信貴山真言宗青年会信貴山真言宗青年会

信貴山真言宗は昭和26年に総本山として認証され、また信貴山真言宗青年会は昭和55年、全青連の結成と共に発足されました。
信貴山は天部の神様である毘沙門天を本尊としていることもあって、祈祷を主とし、今生きてる人々への現世利益を基盤としております。また、朝廷を子々孫々 守護する寺として『朝護孫子寺』の名を頂いていることもあり、宗祖弘法大師の教えであり且つ全青連の目標である「鎮護国家・済世利人」への力とならねばな らないと感じております。


寅年について

当山は開祖聖徳太子が寅の年、寅の日、寅の刻に毘沙門天王を御感得された故実により、平成22年の寅年には平城遷都1300年祭と併せて各種行事を予定しております。