全真言宗青年連盟とは

全真言宗青年連盟(略称:全青連)は、 昭和55年(1980年)に、真言宗宗祖弘法大師の教義を根底として、全真言宗青年僧侶が一丸となって、 鎮護国家・済世利人の実践に邁進すると共に、相互理解を深め親睦・協力をはかることを目的に結成しました。 真言宗各派総大本山会加盟18本山並びに関係宗団所属の青年教師会及びその会員により組織されています。全真言宗青年連盟(略称:全青連)は、 昭和55年(1980年)に、真言宗宗祖弘法大師の教義を根底として、全真言宗青年僧侶が一丸となって、 鎮護国家・済世利人の実践に邁進すると共に、相互理解を深め親睦・協力をはかることを目的に結成しました。
真言宗各派総大本山会加盟18本山並びに関係宗団所属の青年教師会及びその会員により組織されています。

全真言宗青年連盟 理事長挨拶

全真言宗青年連盟 理事長 須方 審證

全真言宗青年連盟 理事長
須方 審證

 平成三十年度より全真言宗青年連盟理事長を拝命することとなりました須方審證と申します。
今後二年間、多くの方々のご協力・ご支援を頂戴しつつ会派を超えた活動に精進して参りたいと固い決意をもって理事長職に臨むことと致しました。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 当連盟は真言宗各派総大本山会に加盟する真言宗十八本山、並びに関係宗団の青年教師の会および会員により組織されており、現在五千名を超える会員が所属しております。
そして連盟規則には「宗祖弘法大師の教義を根底として、全真言宗青年僧侶が一丸となって、鎮護国家・済世利人の実践に邁進すると共に、相互の理解を深め親睦、協力をはかること」と明記されており、これを目的としています。

 これを具現化した事業の一つに全真言宗青年連盟結集大会がございます。
年時宜を得た講師様に講演いただき、研鑚を深めるとともに各会派同士の親睦も自然に芽生え、当連盟の重要な事業の一つと位置付けられております。それを証するように第一回結集大会の昭和五十五年以来脈々と開催され、本年をもちまして三十九回を数える大会となりました。

 既に平成三十年度結集大会の担当会派となる須磨寺青年会様・中山寺青年教師会様におかれましては目下、来たる開催日に向け準備に取り組んでおられます。

 当連盟における諸先輩方の主な活動と致しまして、古くは災害救援の活動、十八本山の巡拝、御修法の勉強会、各地での各種慰霊法要など内外にわたり展開しておりますが、とりわけ平成二十九年度、鈴木道盛執行部により開催された「真言宗十八本山お砂ふみin西新井大師」では運営にあたり、内には団結という会員相互の理解・協力をはかり、外には二千人近くの参拝者をお迎えし、正に「済世利人」というお大師様のみ教えに少しでも触れることができたのではないかと感じるところです。

 情報過多の時代と言われ久しくなりますが、現代においてはSNSの普及など、以前と比べ物にならないほど情報量が膨大となっており、既に個々の脳における情報処理能力のキャパシティーを超えているとも言われております。
そのような混沌とした時代の中でも当連盟は青年僧の立場として、常に未来の展望について熱い議論を交わし、その熱量を事業という形で示して行くことで今日まで発展を遂げて参りました。
もちろんこの取り組みが将来もさらなる飛躍をもたらすことと信じて疑いありません。

 多様性を持ったそれぞれの会派の優秀なスタッフと共に一味和合の精神をもって連盟の運営に当たり、併せて様々なご意見に耳を傾け行動し任期を全うして参ります。

 末筆となりますが、今後とも変わらぬ格別のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、
就任のご挨拶とさせていただきます。

合掌

執行部役員一覧

役職 名前 会派
理事長 須方 審證 真言律宗
副理事長 木村 真弘 豊山
副理事長 武田 靜典 智山
副理事長 鷲尾 英天 高野山
監事 小暮 法如 新義
監事 友繁 照快 御室
顧問 清雲 俊雄 智山
顧問 岩田 慈光 高野山
顧問 鈴木 道盛 豊山
事務局長 門屋 昭譽 豊山
災害救援事務局長 上田 勝真 御室
広報委員長 小池 陽人 須磨寺
役職 名前 会派
事務局次長 永田 道範 高野山
事務局次長 竹原 智乗 大覚寺
会計 小林 佑介 智山
事務局員 多田 宏訓 豊山
事務局員 飯島 隆貴 智山
事務局員 岡本 啓祐 新義
事務局員 木田 將亮 東寺
事務局員 安藤 雄基 高野山
事務局員 木村 元紀 御室
事務局員 飯間 弘人 御室
事務局員 上原 潤明 善通寺

コンタクトフォーム